忍者ブログ

Digizemi

デジゼミのブログでようこそ! このブログは東京工芸大学芸術学部マンガ学科のデジタル表現研究室が運営しています。 本ブログではデジタル表現研究室の活動や作品などを紹介しています。 連絡先:digizemi○gmail.com (○を@に変更してください。)

Kindle Paperwhiteのマンガ表示について
Kindle Paperwhiteでマンガを表示した際に、内枠よりも外の領域に画像が無い場合は自動的にサイズ調整され内枠の外が見切れてしまう。
マンガの表示がビューア側で勝手に変更されるのは困るということで対処法を検討中です。
前回、メタデータをいじって固定レイアウトに挑戦してみたがうまくいかなかったので、今回は背景色(紙の色)を変更してKindleに用紙全体を画像として認識させる方法を試してみました。
 
まずPDF版から、
 

画像は背景色黒のバージョンです。PDFだと表示範囲自体が狭い。
 

上は背景色のRGBが全て255の通常の白色、この場合は内枠の外が見切れしまっている。
下は背景色のRGBをすべて254に加工したもの、見た目では違いがわからないがこの場合は内枠の外の領域も画像と認識されている。
 
次はmobi版。
Jpeg画像を「ChainLP V0.40-16/no.722」を使ってmobiに変換した。(ChainLPを使うとKindelの全体表示に対応したデータを作成してくれる)
画像はPDF版と同じく背景が黒のバージョン。ちゃんと全体表示になっている。
 
画像はRGB=254と記載されているが、入力ミスで正しくはRGB=255。背景色が白でも内枠の外が見切れていない!!
 
しかし…
 
R=238、B=220、G=179のベージュ色の背景色を着けたものは内枠の外が見切れている…なんで??
 
Kindleの表示についてはもう少し検証してみます。
では、また。

拍手[1回]

PR

コメント

コメントを書く